51a18c4bae349617bb4a650411b311dc
Have a niceday ☆

しまなみ海道~四国の旅2日目🚗四万十編と話題入りのお礼✴

2017/12/09 06:00 旅行・お出かけ

先月始めにブログ書きかけたまま、もう師走😅去年の旅行ブログも2日目までアップした所で蜜柑収穫手伝いに突入して残り書けずに尻切れトンボ⤵         

今年は孫守り有り➕蜜柑収穫で(今年は日曜日だけだけど)このブログも4日分書けないかもと思うけど、とりあえず2日目、高知県の四万十編書いたよ~🎵

っと、その前に初日しまなみ海道から道後温泉で食べた物を😋

初日は朝が超早かったので大阪のパーキングでおにぎりやパンを買って道中食べ食べ出発~🍙🍞

お昼はしまなみ海道の来島パーキングで簡単お昼御飯を🍜

流石瀬戸内海❗しらす丼、鯛飯、タコ飯と海産飯が美味しそうでした😄


私はしらす丼としまなみ拉麺のセットを。      でもしらす丼、タコ飯、鯛飯って、私のレシピにあるよ!と笑った(笑)瀬戸内海だから結構和歌山県と食べ物似てるんよね😊

で、夜はお宿で会席を🎶

先ずは季節の旬菜五種盛り。美味しそうでしょ❤

鯛、鮪、海老、烏賊のお造り

瀬戸内海の幸ですね😊

鯛の兜煮

↑特選牛のしゃぶしゃぶ   ↓甘鯛酒盗焼き

この緑の器の左上にある貝、「チャンバラ貝」と言うそうで、これは初めて食べました💓名前の由来は何だろ?これは道後だけでなく、四万十でも出てきます。

蒸し物は南瓜饅頭

季節の酢肴は海老でした。


鯛飯と海老のしんじょう

鯛尽くし、海老尽くし~✨味付けが私好みで満足満足でした😋

母の実家が松山なので、子供の頃よく行った道後温泉は懐かしく、でも今回第1の目的は四万十川なので2日目は朝風呂ならぬ朝温泉浴び、朝食とったら高知県へ出発~🚗

道中長いのに、機嫌良く付き合ってくれた孫君。大人びた寝方でしょ(笑)


さあ着いた❗四万十川は広大で、穏やかに澄んでました✨欄干の無い沈下橋が川をいっそう壮大に感じさせます。写真良くないけど⤵

四万十川に掛かる沈下橋を背景に孫君何思う😼

孫君はどこの川でも、池でも、海でも思う事は…(石をボッチャーン😆)とにかく投げ入れたいのよね(笑)↑既に両手に石持ってるよね

沈下橋は最近老朽化のせいで橋の途中が曲がってしまってるとのニュースあったね😰

だけどひと足早く、運良く、この時はまだ素敵に掛かってました❇

欄干無いから落ちたら危ないので、抱いて孫君と二人で渡ったよ🎶

四万十川を周遊する屋形船も乗りました☺でもこれは又いつか、大人ばかりでお酒お供に優雅な気分で乗りたいな😅 

ワーワーお喋り&騒ぎ出す僕が居ない時にね😜

紅葉には少し早かったものの、秋の四万十は時の流れがゆっくりで、爽やかで、思ってた以上に素敵でした😊

ぶらり立ち寄った安並水車の里。

農業用水に使う水車が並んでるだけの風景だけど、のどかで素朴で…優しい気分になるよ😌

が、ここでも孫君、石をポッチャーン(笑)

とにかく水見たら石投げ入れないとね❗❗(笑) 写真、少しお顔がぶれました😅

お宿は土佐の小京都と言われる(らしいよ)中村泊。

全ての建材が自然素材で造られたと言うホテルで、敷地内にある木の薫りのするカフェも私好みでした☕


3日目は孫君中心アンパンマンミュージアムだけど、ブログアップ出来るかな~😅万一出来れば、皆さん良ければ又読んでやって下さい😃

で毎度の事だけど、超遅れながらm(__)m…話題入りのお礼です。

7月1日、イワシフライが話題入りしました✨

れぽ下さった皆さん誰しも、カリッと美味しそうに揚げて下さり忙しい中れぽ下さり、どうもありがとうございました😆レシピお持ちの方は素敵レシピ紹介させてね🎵

どれもこれも超美味しく、今の季節にもピッタリなので、皆さんにもお薦めだよ🎶

yesmamaさん、ek4さん、komutatataさんは何度もリピも心からありがとうです💖

そしてtennisnoahさんは随分前に既に一人話題入りもありがとうです💝

tennisnoahさんはしかも私のレシピの16レシピを一人話題入りして下さり、去年の9月27日から元旦以外、1日欠かす事無くれぽ下さり、1年2ヶ月程の間に432件もれぽ下さってるのに、レシピお持ちでなく、お返しも出来ないのがとても恐縮ですが、イワシフライへの直近のれぽ載せさせてね💐

何度も言うけど、バックに添えて下さるお花が凄く品良く華やか🌹

揚げ加減もいつも美味しそう☺

短い間に何度も作って下さり本当に有り難う❤


それ以外にもその後れぽ下さった皆様、どうもありがとうございました✨


他にも沢山沢山お礼はあるけど、皆さん、ゆっくりお礼言わせて下さいm(__)m



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください